まずは頂きました募金のご報告から   

2011年 06月 07日

こちら
名古屋オルガンの春2011の開催をご案内いたしましたが、無事終わりました。

いらして下さいましたみなさま、ご支援下さいましたみなさま、本当にありがとうございました。
五反城教会の主任司祭である七種照夫神父様以下、信徒のみなさま、事務のNさんにも大変いろいろとお世話になりました。重ねて御礼を申し上げます。

アンケートのお声がまだアップロードできていなくってごめんなさい。
言い訳ではないのですが、全部一人で運営しているので、オルガンの春のコンサート、ブランチコンサート、そして教会音楽Forumや別のコンサートが重なると、どうしても動きが鈍くなってしまいます。お許し下さい。
(ボランティアでお手伝い頂ける方、大歓迎〜!)

さて、今日は、まず一番先に、ドイツのオルガン工房&マネージメント5社からご協力頂き実現しました「東日本大震災復興支援チャリティー販売」の結果からご報告いたします。

パイプはお陰さまで完売いたしました。
本当は、6本残っていたのですが、全ての精算後にUさんが残ったパイプ全てをお買い上げ下さったのです!
この分は、また後で払い込み用紙と共にアップロードいたします。

CDはペーター・バーレスの即興演奏のものが多少残っています。
あと、オルガンカード遊びも若干残りがあります。

ご希望の方は、mail アット aya-yoshida.de までお知らせ下さいませ。郵送いたします〜。

さて、前出の6本のパイプを含まない金額が、
198,800円
集まりました。

ご協力下さいました皆様方、本当にありがとうございます!

「依頼人」の箇所は「名古屋オルガンの秋のお客様」と書きたかったのですが、10万円を超える振込は、代表者氏名が必用(それに身分証明書も!)とのことでしたので、仕方が無く「代表」として私の名前を記入いたしましたが、これは、紛れもなく、みなさまからのお心が集まったものです。

どうか一刻も早く普通の生活が被災地の方に戻りますように。

b0141416_17231130.jpg

[PR]

by principal8 | 2011-06-07 17:43 | 2011・名古屋オルガンの春

<< 5月15日・Im Gebet ... 6月1日・少しだけご報告 >>