「名古屋オルガンの秋2011・和の響き」 を開催します!   

2011年 08月 03日

コンサートシリーズ「名古屋オルガンの秋」はカトリック五反城教会のパイプオルガンが修復されたこと、そして、カトリック五反城教会を創立した神言修道会の来日100周年を記念して2007年に始められ、今年で5回めの開催を迎えます。今までご支援下さいましたみなさまに心より御礼を申し上げます。これからも、「パイプオルガンの楽しさ」と「音楽による心への響きと幸せ」を名古屋より発信し、多くの方にお届けして参りたいと思っています。

今回は、ヨーロッパの教会という土壌で発展した、西洋の祈りの楽器である「パイプオルガン」と、日本人の心の響きを奏でる「和楽器」という両極のジャンルの邂逅による、今までとはひと味違うパイプオルガンの楽しさをお聴き頂きたく「和の響き」と名付けたコンサートシリーズを開催します。
未知なる響きの発見、また、現代という東洋と西洋とが融合した世界に生きるわたしたちの「音楽」や「存在」について改めて向かいあう機会ともなり、心の豊かさと、ひとときの癒しを感じていただけるコンサートとなることを願っております。もちろん、パイプオルガン本来のレパートリーも、存分お楽しみ頂けるような構成となっていますので、どうぞご安心してお越し下さい。

なるべく多くの方にパイプオルガンという楽器の魅力に触れて頂きたいという方針から、基本的に入場は無料としましたが、今後の継続的な活動が可能となるよう皆様のご寄金のご協力を心よりお願いいたします。

名古屋オルガンの秋2011 和の響き

10月2日(日)15:30 カトリック五反城教会
パイプオルガン・ソロコンサート「和の響き」
溝上日出夫 「雲中供養菩薩」楽
花村光浩 オルガンのための小品《彩り》 他
オルガン:吉田徳子

10月15日(土)14:30 レクチャー 15:30コンサート カトリック五反城教会
パイプオルガン・レクチャーコンサート
東日本大震災復興支援チャリティープロジェクト「みんなで創ろう、オルガン作品!」初演
D. ブクステフーデ トッカータへ長調 BuxWV156他
解説:吉田文 オルガン:トーマス・マイヤー=フィービッヒ

10月22日(土)18:00 カトリック五反城教会
和の「ことば」とパイプオルガン
N. ブルーンス 前奏曲ホ短調
八木重吉 詩の朗読とオルガン即興演奏 他
朗読:児玉たまみ オルガン:吉田文

11月13日(日)15:30 カトリック五反城教会
和の笛とパイプオルガン
J. S. バッハ 前奏曲とフーガ変ホ長調 BWV 552、「オルガンミサ」より「キリエ BWV669-671」
Th. マイヤー=フィービッヒ 「Monologe-Dialoge」(委託作品、初演) 他
笛:竹内明彦 オルガン:加藤千加子

11月23日(水・祝)ロゴスセンター
ワークショップ みんなで弾こう、パイプオルガン!
南山大学内のロゴスセンターに設置してある小型のパイプオルガンを弾いてみませんか?
詳細は裏面をご覧下さい。
講師 吉田文

11月27日(日)15:30 カトリック五反城教会
和太鼓とパイプオルガン
J. S. バッハ トッカータとフーガニ短調 BWV565
井上英樹 天地礼賛~オルガンと和太鼓のために~ (委託作品、初演) 他
和太鼓 井上英樹 オルガン:吉田文


主催:「名古屋オルガンの秋」実行委員会
協賛:オルガン工房ヴィリ・ペーター 株式会社日進衣料 サンメッセ ブリティッシュ・アカデミー
協力:カトリック五反城教会 ロゴスセンター 神言修道会 ルンデ 二宮音楽事務所
お問合せ先:ルンデ 052-861-0162 mail@aya-yoshida.de
オルガンの秋ホームページ: http://organaki.exblog.jp
全コンサートとワークショップ「みんなで弾こう、パイプオルガン!」は入場・参加無料。各催し物後に今後の「名古屋オルガンの秋」実行のためのご任意の寄金をお願い致します。


交通のご案内
ロゴスセンター
昭和区八雲町104
(052)833-3110
南山大学構内
駐車場がありませんので、公共交通機関でお越しください。

カトリック五反城教会
中村区二瀬町27
(052)412-3456
地下鉄東山線「岩塚駅」2番出口より徒歩5分
地図地図
[PR]

by principal8 | 2011-08-03 18:32 | 2011・名古屋オルガンの秋

<< 2011年 夏のご挨拶 東日本大震災復興支援チャリティ... >>