10月19日(日)バリトン&パイプオルガン「心の響き」   

2008年 09月 26日

コンサート
10月19日(土)15:00 カトリック五反城教会

心に響くバリトンの歌声と息をする楽器パイプオルガンのアンサンブル。レクチャーも交えて楽器と音楽の魅力をご紹介します。

プログラム
J. S. バッハ 幻想曲 ト短調 BWV 542(オルガン)
オルガンレクチャー「パイプオルガンのパイプについて」
J. S. バッハ 聖歌とコラール前奏曲(バリトン&オルガン)
J. S. バッハ カンタータ82番より まどろめ、疲れた目よ(バリトン&オルガン)
J. アラン 晩課のための後奏(オルガン)
G. Fr. ヘンデル ハレルヤ・コーラス(オルガン・ソロ版)

バリトン:水谷俊二
東京芸術大学声楽科卒業。1989年、文部省在外研究員としてミュンヘン音楽大学にて研修する。ドイツ歌曲を中心とするバリトン。マーラー歌曲集「さすらう若人の歌」「リュッケルトによる歌曲」を名古屋フィルハーモニー交響楽団と共演する他、ソリスト、合唱指揮者として活躍している。愛知教育大学名誉教授。

オルガン:吉田文
ドイツ・ケルン音楽大学カトリック教会音楽科、パイプオルガン科卒業。ドイツ国家演奏家資格所得。パーダーボルン大聖堂オルガニスト常時代理、ケルン南部司牧地区教会音楽家等を歴任。南山大学エクステンションカレッジ講師、「名古屋オルガンの秋」主宰。
[PR]

by principal8 | 2008-09-26 18:10 | 2008・名古屋オルガンの秋

<< 10月25日(土)みんなで作ろ... 10月13日(月・祝)みんなで... >>