カテゴリ:2012・名古屋オルガンの春&秋( 2 )   

名古屋オルガンの秋 2012   

2012年 10月 12日

今年も、オルガンの秋!がやってまいりました。

初回は、トーマス・マイヤー=フィービッヒによるソロコンサート
10月14日(日)15:30
バッハ・オルガン音楽の源流 と題し、
バッハのトッカータとフーガニ短調(ドリア調の方です、タリラン〜の方ではありません^^)、コラール編曲を中心に据え、バッハが、レーガなど後世の作曲家に及ぼした影響なども聴くことができる、正統派のプログラムですが、肩が凝る様なものではありませんので、お気軽にいらして頂けます。
入場料はいつもの如く無料、コンサート後にご寄金を頂ければとてもありがたく存じます。

カトリック五反城教会
名古屋市中村区二瀬町27
にて開催します。

チラシはこちらからダウンロードできます。

多くのみなさまのご来場をお待ち申し上げております。

また、当日お越しになれない方でも、お知り合いの方にもお声をおかけ頂けますと、とてもとてもうれしいです。多くのみなさまにいらしていただけることで、名古屋オルガンの秋は成り立っております。
どうぞ宜しくお願いいたします。

10月14日(日)15:30
パイプオルガンコンサート 〜バッハ・オルガン音楽の源流〜
J.S. バッハ トッカータとフーガ ニ短調(ドリア調) BWV 538
M. レーガー トッカータ ト短調 op.92 他
オルガン:トーマス・マイヤー=フィービッヒ(国立音楽大学教授)

11月11日(日)15:30
パイプオルガンコンサート 〜風琴幻想 ファンタジー〜
J. S. バッハ 幻想曲ト長調 BWV 572
J. パッヘルベル ファンタジア
J. ラインベルガー オルガンソナタ第2番 「ファンタジー」
オルガン:加藤千加子(日本キリスト改革派名古屋教会オルガニスト)


11月25日(日)15:30
2本のトランペットとパイプオルガン 〜バロックの珠宝〜
A. ヴィヴァルディ 2本のコルノ・ダカッチャとオルガンの為の協奏曲 ヘ長調
H. パーセル トランペットとオルガンの為の組曲
G. Fr. ヘンデル 「王宮の花火の音楽」より 他
トランペット:ウーヴェ・コミシュケ(フランツ・リスト・ワイマール音楽院教授) 武内安幸(愛知県立芸術大学教授) オルガン:吉田文

主催:「名古屋オルガンの秋」実行委員会
協賛:オルガン工房ヴィリ・ペーター 株式会社日進衣料 サンメッセ ブリティッシュ・アカデミー
協力:カトリック五反城教会 ルンデ 二宮音楽事務所
お問合せ先:ルンデ 052-861-0162 mailアットマークaya-yoshida.de
オルガンの秋ホームページ: http://organaki.exblog.jp
全コンサート入場・参加無料。各催し物後に今後の「名古屋オルガンの秋」実行のためのご任意の寄金をお願い致します。
[PR]

by principal8 | 2012-10-12 06:16 | 2012・名古屋オルガンの春&秋

名古屋オルガンの春2012・小出信也氏をお迎えします!   

2012年 05月 06日

元N響フルート首席奏者の小出信也さんをお招きして「名古屋オルガンの春」を開催します。

2012年5月13日(日)15:30より カトリック五反城教会
母の日に、全ての母なる存在へ捧げる オールバッハプログラムです。
J.S. バッハ
   パルティータ ハ短調 BWV 997
トリオソナタ第2番 BWV 526
協奏曲 ホ短調 BWV 1059とBWV35による(以上フルート&オルガン)
前奏曲とフーガ イ短調 BWV542(オルガン独奏) 他

フルート:小出信也(元N響首席奏者) オルガン:吉田文
入場無料、コンサート後に任意のご寄金をお願いいたします。

チラシはこちらからダウンロードできます

小出 信也 Shinya Koide(フルート) 
15才の時にフルートを始め、故林りり子に師事。第25回毎日音楽コンク-ル(現日本音楽コンクール)で第2位入賞。21才でNHK交響楽団へ入団。1962年アウロス木管五重奏団で芸術祭奨励賞を受賞。68年フランス政府給費留学生として渡仏、J.P.ランパル、C.h.ラルデ等に師事。ザルツブルグのモーツァルテウム夏期講習会でカールハインツ・ツェラーに師事。78年 第1回パリ国際フルートコンクール(後のランパルコンクール)審査員。
N響においても定期公演などに度々ソリストとして出演。国内外の演奏家との共演も多く、故安川加寿子と「フランス音楽の夕べ」や、ゲヴァントハウス弦楽四重奏団、シュツットガルトゾリステン等との共演など多数。N 響功労者に贈られる有馬賞を受賞。1998年、39年間在籍し、首席奏者を努めたN響を定年退職。99年日本フルート協会主催の名古屋コンベンションでヴォルフガング・シュルツと協演。2000年にはプラハで Nostitz String QuartetやPrague Chamber Strings と共演して好評を得た。
2003年10月にリリースしたCD KOIDESSIMO II はレコード芸術誌12月号で特選盤に選ばれた。
現在はソリスト、室内楽奏者として活躍している。ウェブサイト:http://www.koidessimo.com/

b0141416_2094839.jpg




どうぞ皆様お誘い合わせの上、お気軽にいらして下さい!
[PR]

by principal8 | 2012-05-06 20:10 | 2012・名古屋オルガンの春&秋