<   2009年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧   

トランペット&パイプオルガンリサイタル 終了いたしました   

2009年 06月 01日

雨が降るか、とドキドキしながらも、いいお天気に恵まれました。
湿度が変わるとオルガンのピッチや響きが変わってしまうので、合わせるピッコロトランペットやコルノ・ダ・カッチャを演奏するのがとても大変になるのです。

という訳で、「トランペット&パイプオルガン」というタイトルながら、蓋を開けてみたら「ピッコロトランペット、コルノ・ダ・カッチャ&パイプオルガン」という、全く珍しい組み合わせに今回のコンサートはなっていました。

コルノ・ダ・カッチャについて
「今日、この場にいらした方はとてもラッキーな方です。」と、トランペットの武内先生。
「なぜならこの楽器は、日本にニホン(!)しかないからです。」(ははは...。)
「そして一本は今日、ここにあり、もう一本はワタシのウチにありますので、ワタシしか吹く人がいないのです。」(ほ〜!)
と説明をして下さった武内先生、とても楽しい方です。
あまりにも楽しい方で、コンサートの前でもざっくばらんな普通のお話をしていたものだから、コンサートの冒頭で先生のご紹介をするのを忘れてしまった程.......。
大変失礼をばいたしました......。

いらしてくださった方からも普段よりも多くのコメントを頂きました。
ありがとうございました。
ここに順不同ですが、掲載させて頂きます。

・トランペットの高音とオルガンのコラボレーションが絶妙でした!!(D.M.様)
・「グラン・ジュの対話」(注:ニコラ・デ・グリニーの賛歌「Veni Creator」より)の荘厳な響きに敬けんな気持ちになりました。又、ベッリーニの協奏曲は明るくたのしげなかけあいの演奏で心が軽くなりました。有名な曲のアンコールも本当によかったです。もしメンデルスゾーンのオルガン曲があれば取り上げて下さい。(I.K.様)
・ペンテコステの前夜とても感謝申し上げます。(M.S.様)
・パイプオルガンをきくのも初めてで、それに加えてめずらしい楽器もきけて、大変よかったです。(Y.S.様)
・初めてですので楽しみにしてきました。(E.K.様)
・素晴らしい演奏をありがとうございました。(S.O.様)
・音楽の基ともなる古い歴史を持つトランペットとのコラボはすばらしかったです。(M.Y.様)
・素敵な時間が過ごせました。また、来たいと思います。(N.G.様)
・とても素晴らしいコンサートで癒しを頂き楽しませて頂きました。(K.U.様)
・豊かな時をすごせました。感謝です。(Y.S.様)
・とてもスバラシイ演奏でした。(H.N.様)
・子供の出席が多く大変うれしいです。老人ばかりだと気が引けるが小さい子がおるので老人も安心して出席できます。(M.Y.様)
・くだらない映画をみるより心は落ち着きました。また機会があれば参加させていただきたく思います。(S.S.様)
・オルガンとトランペットの音色がよく合っていました。これからも続けて下さい、オルガン大好きなファンとして楽しみにしております。(K.M.様)
・すてきなコンサートをありがとうございました!(S.&K.J.様)
・私もパイプオルガンを勉強していますがこちらのオルガンもとてもすばらしい音ですね。選曲もアンサンブルもとてもよかったです。
・素敵な"音"をありがとう。感動しました。又の機会を楽しみにしています。(C.G.様)
・素敵な音色をありがとうございました。又次回を楽しみにしております。(K.K.様)
・弦とのコラボも聞きたいです。よろしくお願い致します。(K.S.様)
・トランペット・パイプオルガン共演最高でした。(S.M.様)
・パイプオルガンの音色と澄んだトランペットのハーモニーが心の奥底から洗い清められました。今後のご活躍をお祈り致します。今日は誠にありがとうございました。(K.T.様)
・トランペットとのオルガンのひびきがすばらしかったです。(Y.T.様)
・感動的でした。秋も楽しみにしています。たっぷり聞けてよかったです。(Y.I.様)
・月に一度定期的にあるとうれしいです。トランペットとパイプオルガンのコラボは非常に合いますね!!(N.I.様)
[PR]

by principal8 | 2009-06-01 14:50 | 2009・名古屋オルガンの春