<   2011年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧   

5月29日・聖母賛歌・ご報告   

2011年 06月 07日

この日は、実は、台風が接近していまして......。

27日・金曜日に「台風接近」のニュース。
コンサートには、南山大学女声聖歌隊Vox Angelicaも参加予定なのですが、大学のサークル活動なので、警報の発令情報によっては学生の自宅待機もやむをえないと覚悟。
(その時は、吉田文が一人でグレゴリオ聖歌歌ってたかも????)

28日・土曜日
凄い雨の中をみんな頑張ってゲネプロに来てくれました。
五反城教会まで岩塚の駅から歩くと結構あるのですよね....。特に雨が降っていて、初めて探しながら来るときは。
でも、学生は若い若い!
「これでもう明日は間違えずに来れます!」と、元気もやる気も満々です。
とにかく、強風警報・大雨警報が出されたら自宅待機すること、そうでなくても安全第一で判断して当日来てもらうことにしました。

29日・日曜日
やはり凄い雨。
学生は皆無事に着きました。メゾ・ソプラノで急遽ドイツ語聖歌を歌いに助っ人に来てくれた信行香代子さんも無事到着。
しかし.........。
こんな日にお客さん、来るのでしょうか??
.........と思いながら準備をしていましたが、有り難い事に、開演1時間前から既に教会内でコンサートを待っていて下さったお客様もいらっしゃいました。
感謝・感謝です。

勿論いつもよりは少なめのお客様の入りでしたが、それでも「こんなに沢山の方が楽しみにしていらして下さったんだ......」と、驚きもし、感謝で胸もいっぱいになり。
また、雨の中、駐車場整理をして下さった五反城教会の方、薄ら寒い教会前のホールで受付を手伝って下さった五反城教会のみなさま、本当にありがとうございました。

プログラムです。
グレゴリオ聖歌、もしくはドイツ語聖歌と、その聖歌について作曲されたオルガン曲を交互に演奏しました。

Ave Maris Stella めでたし、海の星 〜 典礼暦における聖母マリアへの賛歌

5月29日(日)15:30 カトリック五反城教会 / 名古屋オルガンの春2011

◆ 一年を通してのマリアの賛美 ◆
サルヴェ・レジナ Salve Regina
・グレゴリオ聖歌 (Vox Angelica)
・カール・ザットラー (オルガン・ソロ)
サルヴェ・レジナ op.5
Carl Sattler (1874-1938) Salve Regina op.5

アヴェ・マリア Ave Maria
・フランツ・リスト  (オルガン・ソロ)
アルカデルトによるアヴェ・マリア
Franz Liszt (1811-1886) Ave Maria (Arcadelt)

マグニフィカート(マリアの賛歌)Magnificat
・ルター讃美歌  (メゾ・ソプラノ)
ヨハン セバスティアン バッハ  (オルガン・ソロ)
・私の魂は主をあがめ BWV 648
・私の魂は主をあがめ BWV 733
Johann Sebastian Bach (1685-1750)  Meine Seele erhebet den Herrn BWV 648, BWV 733

◆ 待降節から降誕節にかけてのマリアの交唱 ◆
救い主を育てた母 Alma Redemptoris Mater
・グレゴリオ聖歌   (Vox Angelica)
・マセール・デュプレ  (オルガン・ソロ)
救い主を育てた母
Marcel Dupré (1886-1971) Alma Redemptoris Mater

我らの主の母マリア Maria Mutter unsres Herrn
・ドイツ語聖歌  (メゾ・ソプラノ)
・オイゲン・シュミット  (オルガン・ソロ)
我らの主の母マリア
Eugen Schmitt (19, Jhd) Maria Mutter unsres Herrn

◆ 四旬節のマリアの交唱 ◆
幸いなるかな、天の后 Ave Regina coelorum
・グレゴリオ聖歌 (Vox Angelica)
・ヘルマン・シュレーダー  (オルガン・ソロ)
幸いなるかな、天の后
Hermann Schroeder (1904-1984) Ave Regina coelorum

◆ マリアに捧げる月、5月の聖歌 ◆
皐月の女王マリア Maria Maienkönigin
・ドイツ語聖歌 (メゾ・ソプラノ)
・カール・ザットラー  (オルガン・ソロ)
皐月の女王マリア
Carl Sattler (1874-1938) Maria Maienkönigin op.24

◆ 間奏曲・Intermezzo ◆
・デスツォ・アンタルフィー=ツィロシュ   (オルガン・ソロ)
マドンナ(一枚のステンドグラス))
Antalffy-Zsiross Deszö (1885-1945) Madonna (Ein Glasgemälde)

◆ 一年を通してのマリアの賛美 ◆
・トーマス・マイヤー=フィービッヒ  (グレゴリオ聖歌とオルガン・ソロを節ごとに交互に)
Ave Maris Stella (アヴェ・マリス・ステラ 〜 めでたし、海の星)
Thomas Meyer-Fiebig (1949*) Ave maris stella

出演者
南山大学女声聖歌隊Vox Angelica(ヴォックス・アンジェリカ)有志 グレゴリオ聖歌
「天使の声」という意味のVox Angelicaは、南山大学に属するサークル活動の一つで、南山短期大学元教授 吉田徳子の指導のもとに聖歌隊、そして合唱団としての活動をしている。毎年カトリック南山教会で行なう「パイプオルガンと合唱と聖歌によるクリスマスのお話」出演の他、多くのチャリティーコンサートや学内行事で活躍している。

信行 香代子(Kayoko Shingyo)メゾソプラノ
愛知県知立市出身。17歳より声楽を始める。名古屋音楽大学音楽学部声楽学科卒業。卒業演奏会出演。岡崎新人演奏会出演。名古屋音楽大学大学院修了。これまでに、山本みよ子、谷田育代の各氏に師事。
2006年7月、ドイツ・ライプツィヒ市内メンデルスゾーンハウスで行われた古楽器アンサンブルによるコンサートに出演。その他、名古屋市内にて古楽・歌曲コンサート、刈谷音楽協会主催の定期演奏会・小学校訪問コンサートに出演。2001〜2008年、小学校の音楽教師を勤める。現在、古楽と歌曲の分野を中心に活動中。
名古屋市在住。刈谷音楽協会会員。

吉田文 (Aya Yoshida) オルガン
ドイツ・ケルン音楽大学カトリック教会音楽科、並びにパイプオルガン科卒業。A級カトリック教会音楽家資格とドイツ国家演奏家資格取得。パーダーボルン大聖堂オルガニスト常時代理、ケルン南部司牧地区教会音楽家等を歴任。南山大学エクステンションカレッジ講師、「名古屋オルガンの秋」、「教会音楽Forum」主宰。


主催:「名古屋オルガンの秋」実行委員会
協賛:ブリティッシュアカデミー http://british-academy.tea-nifty.com/
協力:カトリック五反城教会 


以下、頂きましたアンケートです。
・生の音が聴きたくて初めて伺いました。(M.I.様)
・聖歌や賛歌はなかなか聴く機会がないのでとても良かったです。(A.O.様)
・とてもすてきなコンサートでした、本当に良い音を聞かせて下さいました。(N.M.様)
・いつもお手紙案内をいただきありがとうございます。今日はじめてこの教会にきました。南山教会同様すてきな教会です。すてきな演奏をありがとうございました。(K.Y.様)
・女ばかりの演奏会でしたね^^ まとまっていて、あたたかみがあってとても良かったです!(S.S.様)
・プログラムの流れがおもしろかった!(T.H.様)
[PR]

by principal8 | 2011-06-07 18:29 | 2011・名古屋オルガンの春

5月15日・Im Gebet 祈りのうちに・ご報告   

2011年 06月 07日

いらして下さいましたみなさま、ご後援いただきましたみなさま、本当にありがとうございました!

Program

マックス・レーガー(1873-1916)
「オルガンの為の12の小品op.65」より
・トッカータ ホ短調 と フーガ ホ長調 op.65,11&12

溝上日出夫(1936-2002)
「ピアノソナタ」より
・アダージョ (オルガン編曲:溝上日出夫)

聖歌 (ご一緒にお歌いください♪)
・苦しみ悩みのきわにみあるとき

1. 苦しみ悩みの きわみにあるとき、 逃れる道なく、 助けも得られず、
2. まことのみ神に 救いを求めて ささげる祈りは われらの慰め。
3. この日もみ前に 集まるわれらは すべての嘆きを 主の手にゆだねる。

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)
「オルガン小本 (Orgelbüchlein)」より
・苦しみ悩みのきわにみあるとき Wenn wir in höchsten Nöten sein BWV 641


聖歌(ご一緒にお歌いください♪)
・愛する神にのみ依り頼むものは

1. 愛する神にのみ 依り頼むものは 苦しみの時にも ふしぎに守られ
岩を土台とし 建つ家のようだ。
2. 歌と祈りささげ、 主の道を歩もう。 祝福を受けつつ 新たに生かされ、
見捨てることない 神に依り頼もう

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)
「オルガン小本 (Orgelbüchlein)」より
・愛する神にのみ依り頼むものは Wer nur den lieben Gott lässt walten BWV642

ヨハン・セバスティアン・バッハ(1685-1750)
バイオリンの為のソナタ第2番イ短調 BWV1003 オルガンソロの為の編曲(日本初演)
オルガン編曲:トーマス・マイヤー=フィービッヒ
I. Grave - II. Fuga - III. Andante - IV. Allegro

マックス・レーガー(1873-1916)
ピアノの為の「6つの前奏曲とフーガ op.99」より
・第4番ロ短調(日本初演)オルガン編曲:トーマス・マイヤー=フィービッヒ

オルガン:トーマス・マイヤー=フィービッヒ、吉田文


以下頂きましたアンケートのご報告です。

・とても心落ちついた一時をありがとうございました。東日本の被災地の一日も早い復起を心に秘めて...!(N.M.様)
・いつも素晴らしい演奏に感動します。ありがとうございました。(N.T.様)
・連弾がきけてうれしかったです。曲の境目が分かりませんでした...。解説があるとうれしいです。(Y.I.様)
・四手の和音はパワフルですごかった。センサイな笛もきれいでした。(M.M.様)
・中央上のパイプ、大変効果的、よそでは聴けない。そういう編曲でしょうか?多彩な音色を聴けてよかった。(M.Y.様)
・Bachの演奏すばらしかったです。お二人のデュエットもたのしめました。溝上日出夫さんのinterestingでした〜!(K.Y.様)
・良い一日を過ごさせて頂きました。ありがとうございます。(T.O.様)
・大変素晴らしい演奏でした。たまにこの様な一時を過ごすこと心が洗われる様です。大震災被災者へ一日も早く平安な日々が訪れますよう願っています。(M.I.様)
・とても力強く素晴らしかったです。(M.K.様)
・東日本大震災を想い聖歌が歌えたことはクリスチャンではありませんが良かった気はします。バッハのバイオリンソナタ編曲もよかったです。今後もオルガンの春・秋が続きますように。(S.H.様)
・良かったです。(K.S.様)
・本当にすばらしいオルガン、パイプオルガンは名古屋にこの教会しかないと思います。(M.H.様)
・チェロやバイオリンとのコラボがあればいいなと思っています。また、秋のコンサートでの尺八とのコラボもききたいです。 子供のコンサートがあればいいな! 次回の合唱たのしみです。(Y.U.様)
・2回目でしたが、何度聴いても良いと思いました。(A.O.様)
・文さんのブログ、いつも楽しく拝見しています。(特に猫関連がおもしろい!)(O.K.様)
[PR]

by principal8 | 2011-06-07 17:45 | 2011・名古屋オルガンの春

まずは頂きました募金のご報告から   

2011年 06月 07日

こちら
名古屋オルガンの春2011の開催をご案内いたしましたが、無事終わりました。

いらして下さいましたみなさま、ご支援下さいましたみなさま、本当にありがとうございました。
五反城教会の主任司祭である七種照夫神父様以下、信徒のみなさま、事務のNさんにも大変いろいろとお世話になりました。重ねて御礼を申し上げます。

アンケートのお声がまだアップロードできていなくってごめんなさい。
言い訳ではないのですが、全部一人で運営しているので、オルガンの春のコンサート、ブランチコンサート、そして教会音楽Forumや別のコンサートが重なると、どうしても動きが鈍くなってしまいます。お許し下さい。
(ボランティアでお手伝い頂ける方、大歓迎〜!)

さて、今日は、まず一番先に、ドイツのオルガン工房&マネージメント5社からご協力頂き実現しました「東日本大震災復興支援チャリティー販売」の結果からご報告いたします。

パイプはお陰さまで完売いたしました。
本当は、6本残っていたのですが、全ての精算後にUさんが残ったパイプ全てをお買い上げ下さったのです!
この分は、また後で払い込み用紙と共にアップロードいたします。

CDはペーター・バーレスの即興演奏のものが多少残っています。
あと、オルガンカード遊びも若干残りがあります。

ご希望の方は、mail アット aya-yoshida.de までお知らせ下さいませ。郵送いたします〜。

さて、前出の6本のパイプを含まない金額が、
198,800円
集まりました。

ご協力下さいました皆様方、本当にありがとうございます!

「依頼人」の箇所は「名古屋オルガンの秋のお客様」と書きたかったのですが、10万円を超える振込は、代表者氏名が必用(それに身分証明書も!)とのことでしたので、仕方が無く「代表」として私の名前を記入いたしましたが、これは、紛れもなく、みなさまからのお心が集まったものです。

どうか一刻も早く普通の生活が被災地の方に戻りますように。

b0141416_17231130.jpg

[PR]

by principal8 | 2011-06-07 17:43 | 2011・名古屋オルガンの春

6月1日・少しだけご報告   

2011年 06月 03日

愛知県芸術文化センターのコンサートホールで、初めて、午前中のコンサートを開催してみたのですが、思いの他に大きな反響を頂き、とてもとても驚き、そしてうれしく思っております。
いらして下さいました皆様方、応援して下さいました皆様方、本当にありがとうございました!

計650名程のお客様に恵まれました。
100人いらして下さればいいかなぁ、200人いらして頂けるとうれしいなぁ、300人いらして頂けると、一応今回分は赤字にならないかなぁ......と思っていたのですが、もう、本当に、びっくり!です。

今までにオルガンの秋やその他のコンサートにいらして下さった方が口コミで宣伝して下さったことも大きかったようです。そして、中日新聞さん、毎日新聞さんが特に大き取り上げて下さったこともあり、多くの初めてのお客様にもお会いすることができました。
心より感謝いたしております。

何せ、うれしい驚きではあったのですが、300人程度のお客さまを予測していたためにスタッフの数が足りず、開場前にお待たせしてしまうなど、ご迷惑をおかけしたこともありました。
深くお詫び申し上げます。
このような経験を踏まえ、これからも、最初から最後まで楽しく幸せなオルガンコンサートを創り上げて行きたいと思っておりますので、今後ともどうぞ宜しくお願い申し上げます。

そして、コンサート後に頂きましたアンケートは200通!
一枚一枚、ありがたくうれしく拝読いたしました。みなさまおひとりおひとりにお返事を書きたいのですが、なかなかそれも叶わずごめんなさい。

次回のブランチコンサートは、9月14日(水)10:45からです。
10:30から少しだけプレ・コンサートを弾きますので、宜しければお早めにお越しくださいませ^^

日本最大の楽器の女王・パイプオルガン、荘厳なバッハの響きと共に、みなさまのお越しをお待ち申し上げております。

リクエストはこちらから受付しています!
チケットはこちらからご予約を承っております。
チケットぴあでも購入できます。
[PR]

by principal8 | 2011-06-03 19:38 | 芸文ブランチコンサート