10月18日 Dona nobis pacem 我らに平安を与え給え   

2016年 01月 10日

パイプオルガンコンサート
Dona nobis pacem 我らに平安を与え給え
吉田文 (Org.)

J. アラン イスラエル典礼暦
J. ラングレィ Pax(平和)
J. S. バッハ バビロン河のほとりで BWV 653 罪なき小羊 BWV 656
S. カルク=エラート Pax vobiscum(平和は汝らとともに) 他

以下いただきました感想です。
・パイプオルガン美しかったのでまた来たいと存じます。ありがとうございました。(Y.N.様)
・生きるよろこび 生きているよろこび(M.Y.様)
・曲の説明を聞きながらのコンサートはその曲や時代の背景がわかり、とてもよかったです。レ♯ドシ♯ソラと続くペダルの曲(注:カルク=エラート Pax vobiscumのペダルがオスティナートのため)、おもしろいですね。 私の知っているオルガン曲は有名なものしかありませんが、こうしてなじみのない曲の演奏を聴いて知り、弾きたい曲が増えました。 盲目のオルガニストもいらしたのですね。日本の辻井さんのような方ですね。すごいです。 演奏を聴くと自分の弾き方、アーティキュレーションが違い、もっと基本から練習したいな、教えてもらいたいなと感じました。 モーリッツ。ドイチュの2曲目の曲のバグパイプのようあ音やメロディーは曲の説明で典礼の時のとの説明があったのでもっとおごそかなんだろうと思っていましたが、そても現代風でそのギャップが興味深かったです。未完成フーガはどこまでがバッハのもので、どこからが補作なのか全然わかりませんでした、バッハそのものでした、すごい!今日も素敵な演奏ありがとうございました。(匿名様)
・楽曲の説明、とてもよかったです、なじみのない曲のときは、あるといいですね!(T.U.様)
・今日はレクチャーみたいで新鮮な感じがありました、参加者のみなさんが、すごく固い支持者であるように思われます。あやさんますます洗練されてきた感じですごく頼もしく思います。ありがとうございます。(K.W.様)
・毎回楽しみにしています(T.W.様)
・初めて聴く曲ばかりでしたが、とてもすばらしい演奏でした、ありがとうございました。来月もまた来ます!(E.T.様)
・トランペット8本ティンパニ2台よかった。また聞きたい。県芸術大学の武内先生のトランペット。(匿名様)
・今日もとてもすばらしい音色でした!!なじみのある曲も聞きたいです。(Y.S.様)
・いつもご案内をいただくのを楽しみにしています、ずーっと続けてください!(K.K.様)
・夕陽に包まれてから地の平和を祈る天上の音楽をありがとうございました。小さな子供を抱いた若い夫婦の姿がみられたがmこのような催しならではと思いました。(M.Y.様)
・14年前に徳子先生におそわって以来久しぶりにパイプオルガンを聴きました。気持ちが穏やかになりました。とても素晴らしかったです。ありがとうございました。(S.K.様)
・区切りながらの解説、良かったです。(K.S.様)
・バッハとクープラン以外はあまり知らない作曲家で新鮮でした、とても楽しかったです。(M.T.様)
・今回初めて県芸コンサート(11/25)を知りました、必ず行きます。ブランチコンサートもオルガンの秋のコンサートも全部参加する予定です。(K.O.様)
・はじめて五反城教会きました。よいパイプオルガンの音色でした、現相曲もよかったです、バッハはさすがバッハでした。(K.Y.様)
・久しぶりの教会音サーとです。M.C.アランの演奏会、岡村喬生(バス)歌手のコンサート思い出します。年齢(とし)を取りましたがこれからもよろしく。(同じ中村区なので頑張ってでかけるようにしたい)むずかしいプログラムと思いましたが、バッハに始まりバッハに終わるとてもバランスのよい演奏会でした。満足です。(M.I.様)
[PR]

by principal8 | 2016-01-10 18:50 | 2015・名古屋オルガンの秋

<< 11月3日 祝ベルリン・聖ヘド... 秋のお知らせ >>