11月29日 Adveniat regnum tuum み国の来らんことを   

2016年 01月 24日

目覚めよと呼ぶ声ありBWV 645、いざ来ませ、異邦人の救い主よ BWV 659, 661
Th. マイヤー=フィービッヒ 我らの主イエスキリストの継承について 〜マキシミリアン・コルベ、ディートリッヒ・ボンヘッファー、聖書による7つの章〜(日本初演)
林和利(Narr.) 佐久間真理 (Perc.) 吉田文(Org.)

・とても重いテーマでした。詩をさがしてまた読みたいです。(N.S.様)
・これからもできる限り来たいと思います。お知らせよろしくおねがいします。(S.M.様)
・毎回楽しみにしております。(H.T.様)
・「継承」音楽だけで聞いみたい。いろいろな打楽器近くで見れて(聴けて)かんげきしました。(M.Y.様)
・念願叶って吉田先生のパイプオルガンのコンサートのチャンスがめぐってまいりました。とてもうれしゅうございました。すばらしいの一言でございます。これからも楽しみにさせていただきます。よろしくお願い申し上げます。パーカッション佐久間さんの魂の遺書も成功でした。又、朗読の林さんと佐久間さん3人の音楽劇もすばらしかったです!(A.G.様)
・2年前のちょうど今の季節に五反城教会で「オルガンの秋」を始めて聴かせて頂き、そして2年ぶりに又今日聴かせていただく機会を得たことを感謝致します。2年前に比べて来場者の数がかなり増えているように思います。吉田さんの粘り強いご努力の成果でしょうね。およろこび申し上げます。(K.T.様)
・石田まり子先生が演奏される予定だったのですね。(...)まり子先生の演奏姿が見えたようでした。佐久間さん、ありがとうございます。(...)Bachのオルガン曲はやっぱりとても落ちつきます。今日の演奏曲なら私にも手が届きそうです。譜読みしてみます。朗読とオルガンと打楽器のコラボはとても心に響きました。この曲は朗読とともに作詞作曲されたのですか?演奏と朗読がとても調和され、アウシュビッツの重苦しさ、悲しさ、そして神様の救いがとても感じとれました。聴きごたえがあり、またこうした企画を組んでください。今日もありがとうございました。(匿名様)
・今日のコンサートは胸にひびくものがいっぱい感ぜられました。感謝いたします。コルベ神父、ボンヘッファー牧師のこと、深くいたみ入りました。本当に感謝の一言です。ありがとう存じました。(M.F.様)
・素晴らしいコンサート感動です。朗読よかったです。(T.T.様)
・やはりヨハン・ゼバスティアン・バッハを聴きたいです。(T.A.様)
・毎回凄く親切・丁寧な節目いと、曲の切れ目を分かり易くいただき、今年も良かったです。文先生の聴かせ上手な演奏を拝聴に来年も是非、楽しみに伺います。僕はバッハが好き、また「フーガ」を希望します。益々のご発展、御活躍を記念します。(S.S.様)
・子供も私も「目覚めよと呼ぶ声あり」が大好きです。今日は聴けるのを楽しみに参りました。後半の初演もすばらしかったです。(E.T.様)
・毎回たのしみにしています。(T.W.様)

今年いらしてくださいました皆様、応援いただきましたみなさま、ありがとうございました!また来年度もどうぞよろしくお願いいたします。
[PR]

by principal8 | 2016-01-24 11:44 | 2015・名古屋オルガンの秋

<< 2015年度にいただきましたリ... 11月15日 Kyrie el... >>